So-net無料ブログ作成
検索選択

ふたつの片割れ。 [さいしょに。]

不器用で真面目 コツコツ地味に生きるばかり
誰もが呆れ返るほど
遊びもろくに知らなかった わたし

破天荒で問題児 学校も退学
誰もが呆れ返るほど
人生を遊びと称して生きていた あなた

上を目指したわたし
下を目指したあなた

まるで対極な性質のあなたとわたし


どうして出会ったんだろう

昼と夜の如く
好みも趣味も まるで正反対

遠く離れた二人が巡り会えことすら
まるで奇跡

そのS極とN極は
予め互いに
強烈に引き付け合う性質を持ちながら
それまでの人生の中で
全く両極端の現実を
引き寄せていた

その日まで
互いの存在にすら気付かず
それぞれ全く逆の生活を歩んでいた


けれど
魂は 魂だけは 知っていた

同じ叫びを繰り返してた



自らの深い部分から生まれる求めを
絶えず訪ねていた


天国を探した者
地獄を探した者
二つの共通の求めは
ひとつ

神の愛を知りたい

唯一
そこにこそ違いはなかった


天国と地獄の底が重なるとき

それは
おのずと
魂の片割れと繋がるとき

その瞬間

私はそれまでのすべて失ったが
求めたものを知った

彼と共に生きることは
昼が夜を知り
夜が昼を知ること

光が闇を愛し
闇が光を愛すること

崇高な天使も
邪悪な悪魔も
同じ神を愛する子であるように


正反対のふたつの物の見方

ふたつの最大公約数を生きることは
一人ではまるで知ることすら出来ない
人間の幅を
無限に広げることなのかもしれない

それはときに
嵐のように激しく
心の扉を叩き 開く

すべての物事の 極と極がつながる

強さにも弱さにも
正しさにも間違いにも
それぞれの役割があることを
あなたはみせてくれる

あなたを愛することは
世界のすべてを愛すること

あなたを愛することは
わたしを 
命を 
愛すること


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。