So-net無料ブログ作成

自己への回帰 [魂を揺さぶる言霊ファイルⅠ]

沈黙の聖者
マハリシの言葉


「すべての生きものは、
いつでも幸福であることを願い、
悲惨でないことを願っている。

私たちひとりひとりについて考えてみても、
そこに
自己への至上の愛があることが認められる。

 その愛の源はただ一つ、
幸福である。

 人間の自然性である幸福、
意識のない深い眠りの中で
体験される幸福を
手に入れるためには、
人は
自己を知らねばならない。

 自己を知るためには、
『私は誰か』という問いで
自己を尋ねる知識の道こそ
最も重要な方法である。」

「しかし人は、この単純な裸の真理、
彼らの日々の真理、
つねにそこにあり
永遠の経験であるものを
理解しない。

この真理とは、
自分自身の真理のこと
である。

自己を知らない人が
どこにいよう?


それなのに人々は、
この真理を
耳にすることさえ好まない。

彼らは、
彼方にあるものや天国、
地獄や再生について
熱心に知りたがる。

彼らは不思議を愛しており、
真理を愛してはいないので、
神への信仰は、
結局
彼らを自己の周辺に連れてゆく程度のものしか
提供することができない。

どのような方法を
採るにせよ、
あなたは結局は
自己に帰ってゆかねばならない。


そうであるなら、
なぜ
ここで今、
自己の内に住まないのか?」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。