So-net無料ブログ作成
検索選択

彼が見たもの。 [水の詞~サクの言の葉]

きみがかつて
求め続けた光の中には
きみを本当に
苦しみから救う真理などはなかった

そうだろう?

俺は地獄の底を知り
暗黒の地の果てをどこまでも歩いて生きてきた

泥臭い現実の中で
どこまでもリアルな神を
空論では誤魔化しようもない真実を
掴み知った

きみは
高尚で
素晴らしい世界を
光や善に溢れた何かを求めたが

結局は苦悶にもがいてた

安心を求めるから
不安に泣き
天国を求めるから
地獄にいた


俺はきみを
千年待った
約束をしたから

天国か
地獄か
どちらに行けばいいのかわからず
泣いていたきみと
生まれる前に
約束をしたんだ

きみが頑固にも
昇り詰めようとしていた天国の正体は
終わることのない地獄の苦しみ

これから
きみに伝えたい真実を
きみにわかる歩調で
俺が思い出す範囲で
少しずつ伝えよう

まだ わからなくてもいい

地獄の底なら
もう俺がみてきたよ

大笑いしながら
俺は知った

深い地獄と信じてるその先
それを越えた先に
眩いばかりの真実の光があると


自分で築き上げた地獄の幻から
そこでやっと
自由になるだろう


だからもう迷わなくていい

きみが見ている地獄の真実を
俺が変えてあげる

地獄なんて消してやった

人になって
必ず迎えにいくから
待っていて

泣かないで

待っていて

そして俺達は
永遠に愛し合う

そう
約束したんだよ

魂の繋がりは
身体が滅ぼうと
朽ちることはない

俺は何も怖くない

きみもきっとそうなるさ

そのために俺はきみと今

ここにいるんだ





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。