So-net無料ブログ作成

真心が連れ出した記憶 [水の詞~サクの言の葉]

今朝、個人的にとても嬉しいことがありました。

同じように、人生を覆すような出逢いをされ、相手の方と固く心を結ばれている、
芯の通った素敵な女性から届いたメールでした。

詳しい内容は控えますが、その女性が、サクに対して感じてくださった想いの切実さに、
とっても胸が熱くなり、もう一度帰ってきたサクと一緒に読みました。

そのとき、照れ隠しなのか、思い出したようにサクがつぶやいたことを、綴っておきます。
(サクはきっかけがないと、まじめなことを話してくれません。)
 
温かい心を、
本当に、ありがとう。ありがとう。

またひとつこうして繋がる不思議なご縁が、今の私の奇跡。

*****************************************************

意識が現実を創るって、よくみんな云うけどさ
100%信じてる人って、どのくらいいるだろうね?

そこには、1%の不安もなく、迷いがないってことだよ

ひなを見つけたときのオレは、そんな状態。

信じたことがそのまま現実になる、そこになんの疑いもない。

あのときのオレは、自分より優しいものだけを、ただ、探してた。
だから、それまでの友達を全部なくすような、半端じゃねえ無茶な振る舞いを
わざとしたりもした。
ほんとに、みんな、離れていったよ。なにもかもなくなった。
そして、「神様」ってものに出会ったんだ。
それまで興味もなかった部類の宗教本を手に取り、なぜか神社に毎日通ってた。
・・なんでかって?なんでだろうね? それは、今もわからねえよ。

ただ、見えないものが、見えてた。五次元の世界って云っても、誰も信じないだろう?
見たやつにしかわからねえことを言っても、しょうがないさ。
そんなとき、ひなの言葉を見つけた。オレより優しい人を、見つけた。
そんな感じだった。

あのとき、云ったろ?
オレの目の前に現れるものすべて、偽物はありえないと。

自分を本当に信じてるって、そんな意識のことだよ。

だから、あれほど暴走しても、目をつぶったまま無理な運転してても、
滅茶苦茶な言動をしても、絶対に大丈夫だって「わかってる」状態

恐れなんて一ミリもなかった。
それは、そうなる現実を自分で「決めてる」からさ。

この先に続いてる道さえもね、もう自分でわかってるんだ。
道が先にあるんじゃない。
意識がこう、と決めたとおり、オレの現実が辿ってく。

神とひとつになる感じ、
それってね、自分の力を100%信じることでもある
ほんとに信じてるとね、できないことなんかないんだぜ。

けどさ、わかるんだ
きっと、この世で生きてるうちは、そこまで信じ続けるのは難しいだろう。
たくさん、社会が作った制限があるから。


・・・でもさ、死んだ後の世界って、そんな感じなんだぜ。




仕事の休憩中、一時帰宅。。。 
CA3F00s600001.jpg

共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。