So-net無料ブログ作成

「えいえん」 [ふたりのヒトトナリ。]

6f35c721.jpg


「永遠に愛してる」


出逢ったときからそういったあなた。


そのとき、私にはわからなかった。


「永遠って、なに?
どうして永遠だってわかるの?
気持ちなんか、いつ変わってしまうか、わからないのに。」

そう訝しがる私に、あなたは全く揺るがない表情で返したよね。


「わかるよ。
それどころか、毎日、毎日、もっともっと深く愛するようになる。

たとえ死んでも、魂だけはね、ずっと続いてく。
・・・思い出したいなら、ひなもいつかわかるよ。

そのために、今、オレと一緒になった。
そばに居れば、いつか、わかる。」

理由を求める私に、あなたは、いつだって理屈を語らない。
けれど、その分、思い知る。
あなたの言葉に不思議な信念が宿っていること。

いつだって一歩先を歩き、
なにかとても大事なことを、私よりもずっと深く理解している。
どんなに現実が変化しても、変わることなく、
あらゆるものに宿っている精神、魂のことを。

だから何が起こっても、動じない。

ときに臆病になる私に、
なんだって、どうだって、恐れることはないってことを、
なんの説明も、なんの主張もなく、
ただ、そばに居るだけで教えてくれる人。

「ま、どっちだって、大丈夫だよ。」
不安も、迷いも、ちょっとおどけた表情で、あっさり流してしまう。
これが、あなたのいつものスタンス。

「オレは、今、ひなのために生きてるから。
ほんとは、他に何もいらないくらいだから。」

あなたは、三年前のその言葉どおり、今も私を笑わせるためにそばにいる。
空気みたいに自然に、私を守り、導いてくれる人。

あなたとの魂の約束、
それには、目に見える契約書なんかないし、安心できるようなしるしがあるわけじゃない。

けれど、日々深まる自分の心を感じるだけで、それが真実だとわかる。

毎日、毎瞬、私はあなたが言った「永遠」を思い出す。

触れるだけで震える魂
寝顔を見つめれば溢れる涙

変わるどころか、強く深まっていく想いがある。

理由なんてない 証明なんていらないほど たしかなもの。


少しずつ、少しずつ、
魂の記憶にかかったベールが、はがれてくよ。

少しずつ、思い出していくよ。


あなたがいつか言ったみたいに。



*****************************
・・こんな所感に、とても共鳴する歌

This I Promise You By *NSYNC
「これがきみへの約束」

下に訳しておきます。
ぜひ歌詞を味わってほしいな。



きみの周りの光景が
きみを悲しませ 泣かせるなら
きみを囲んでいるものが
秘密や嘘ばかりなら
僕がきみの力になろう
僕がきみに希望をあげよう

自信を失っても 信じることをやめないで
きみが呼ぶべき相手は
初めから ずっとここに居たのに
ここでずっと待っていたよ

そして僕は
きみをこの腕に抱きしめよう
きみの居場所はここだったんだ
もう 二度と離れない
僕の人生が終わるその日まで
これがきみへの約束
これがきみへの約束

悠久の時を越えて きみを愛し続けてきた
幾つもの前世を経て
そして ようやく 辿り着いたきみに 
今 これを約束しよう
もう決して きみを傷つけたりはしないと
この言葉を誓おう
僕の心をきみにあげる

僕らはこの闘いを勝ち取った
そしてこの契りとともに
永遠が今 始ろうとしている

目を閉じてみて
愛に溢れた毎日がある
この気持ちは消えないってことを
僕は知ってる
僕の人生が終わる日まで
これがきみへの約束
これがきみへの約束

きみが呼ぶなら
僕は 何度でも何度でも 
落ちて行こう

僕の人生に きみがいなければ
僕はもう 一瞬だって 生きてはいないだろう

僕の言葉は すべて真実だよ
これがきみへの約束






共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。