So-net無料ブログ作成
検索選択

さいごの光。 [音の葉 きろく]

嬉しいこと 悲しいことはいつも半分こずつなの
だからそう 最期はゼロになれるの

光って消えるただそれだけと知りながら
光る僕はきれいでしょう?

(「螢」RADWIMPS)


udHBip.jpg


このアーティストを、大好きな少年がきっかけで聴くようになってから、
その中でも私が一番よく歌う歌。「螢」。
この曲の一語一句、自分の呟いていた言葉と重なってドキリとした。

「明日死んでも後悔のない生き方を、今日、したい。」
というのは、サクと生き始めてからいつの間にか身についた、毎日の私の心の持ち方。

他には、なんの思想も信条も特に持たないけれど、
これだけはいつも心から離れない。

だから、大好きな人には、恥ずかしげもなく、惜しげもなく、「大好き」という。
「あなたに会えてよかった」と、言葉で、表情で、態度で示す。

それは、誰のためでもない。
なにもあげられるものも無い、無知で空っぽの私が、今日もらった命に報いるのは、
せめて自分の気持ちに率直でいることだと思っているから。

過去も、未来も、私を包み守ってくれていた、目に見えるものすべて失っても、
今ここに在るただひとつの愛だけで、人は喜び溢れて生きられるということを、
せめて、ここで叫んでいたい と思うんだ。




虹の始まる場所を探したんだよ
余った光をもらいに行ったよ

光ってないとね 誰も僕を見ないんだよ
分かったフリでもいいから


だからね 痛む胸に光る種を乗せて
幸せだねって言えるまで 光ってたいの

奪って逃げる ただそれだけの命なら



共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。