So-net無料ブログ作成
検索選択

還って来たサクの話。 [「あの世」での出逢い ~サクの体験]

日月記録にも書きましたが、サクが臨死体験をした後、
奇々怪々なチカラ(霊能力?)と見識が芽生えた話。
今でも時々「あれはなんだったのか」と二人で話すことがあります。

あまりにも神妙すぎて、不可解すぎて、3年前のあのときの現象については
とても謎めいたまま、今に至ります。
(日月記録が進まない理由も、ここから先は特に
私の足りない言葉や表現では収集がつかない部分が多いからです~m( )m涙)

私はもちろんですが、今のサク本人の理解をも超えているため、言葉の枠に収められず
まだ、誰にも話していない出来事もあります。

とはいえ、この3年間の二人の歩みや、訪れる新しい縁を通して、少しずつですが
明らかになっていくことも増えました。
今ようやく、ここまで綴れるようになったこと、そして、誰かと分かち合えることが、
ただ、本当に嬉しいです。

これからも日々、彼と生活を続けながら、様々な人と出会う中で、
ベールが取れていくように明らかになっていくのかもしれないな。

わからないなりに、こうしてブログを綴る理由は、
日々少しずつ移り変わる認識を、少しでも誰かに渡しながら進んで行きたいからでもあります。


さてさて。。。
おそらく、サクは一度仮死したことで、普通の人間なら眠っているはずの
五感を超えた感覚が、しばらく覚醒したままになってしまっていたのかもしれません。
見えないはずのものが見え、聴こえないはずのものが聴こえるようになり、人の心が
魂まで見透かせる状態だったと、彼はいいます。

「真実でないものは、今のオレの前に立てない。
偽者は目を見るだけで、魂まで握りつぶすことができるよ。」
当時のサクはよくこう言っていました。
そして、「生」と「死」に対する認識がいっきに覆され、恐れという感情が一切なくなってしまったそうです。
(まあ、これは元々たいして無かったらしいですが・・
生まれつき無茶ばかりだったからね^^;)

サクのこの内なる変化は、ごく一般的にみて「精神異常」ともみなされるほど、逸脱した言動へと彼自身を導きました。
(実際に、病院にたらい回しに連れて行かれ、どの医者からも匙を投げられたそうです。
 障害者手帳まで持たされていて爆笑してしまいましたが。)

その言動の動機も理由も、今となっては彼自身、特に語りませんが、
その混乱の状況を遠くから冷静に観察しているもう一人の自分がいたそうです。

「どんな混乱状態も、楽しんでいる自分。何もかも大丈夫だ、と知っている自分。
すべてを分かった上で『狂気』を演じている自分がいる。」と。
誰もが彼のことを「あいつはイカレちまった」と怖がるなか、私の前では
感心するほど達観した口調で、理路整然とそんなことを語っていました。

そんな当時の「狂気」じみた様子の一部を、記録に残しておきます。

・ 食べない、飲まない、そして寝ない。そんな毎日が続く。
(睡眠と食事一切、水すら取らなかった時期は一週間ほどだったらしいですが、
その後何ヶ月も、人間の生理的な欲求が湧かなかったそうです。)

・ 極寒の雪山をTシャツと裸足で登り、岩の上で祈り続ける。
(絵を描いたのも、岩の上でした。イメージが湧いてエネルギーがもらえるそうです。)

・ 家であれ、車であれ、どんなときでも鍵を掛けることを一切しない。
というよりできない。
(当時の彼曰く、完全にすべてを信じ、委ねている状態だったため、
鍵を掛けることは、他に向けて心を閉じることに等しかったと。)

・ なぜか地元の古い神社に通い続ける。(赤い鳥居と寺には違和感があるそうです)
  さらには、注連縄を切ろうとする((*o*)ダメでしょ)・・硬くて切れなかったそうですが(-w-;

・ それまで大事にしていたものを含め、自分の持ち物一切を、周りにあげてしまったり、
捨ててしまう。もちろん一文無し。

・ 一晩中、訳もなく涙が止まらない。
(自分の感情ではなく、木の魂が入ってくる・・と言っていました。)

・ 会ったこともない、死んだお祖父ちゃんがそばに現れて話しかける。
(いろいろ説得されたとか・・)

・ 同じ夢ばかりみる。   

・ UFOをやたらに見かける。
(友達も一緒に見ていたので、幻覚ではないようです。)

・ 時間が、逆転する。(この詳細は、日月記録にも書きました。)

その他・・・まだまだありますが、とても感心してしまったのは、
それまで関心すらなかった般若心経に衝撃を受け、どういうわけだか彼は3回読んだきりで暗誦してしまったこと。
漢字一文字一文字がバラバラに分かれて、深い理解と共に頭に入ってきたそうです。
さらに、一般に広がっている般若心経の文字はどういう訳かいじられていて、
本来の正しい漢字は違うとかなんとか。。。ごにゃごにゃ言ってたような・・。
・・・それはそうと、自分の服や部屋の壁の到るところにまで般若心経を書いてしまうのはやはり狂気の沙汰・・困ったちゃんです(--;

その当時、彼が話す内容もまた、あまりにも突拍子もない話ばかりでした。
常識的な人間なら、誰でも狂言だと思うでしょう。
ただ、当時の彼の口調があまりに確信めいて、なんとも云えない神妙な雰囲気だったのが、
今でも鮮明に記憶に蘇ります。
少なくとも私には、とても真実味のある言葉として心に響きました。

特に、「木」の話をするときのサクは神懸りのようになって、畏れを感じさせるほどの
迫力があったのを覚えています。

「木の声が聞こえるんだ。あいつらが、呼ぶんだ。
人間はカネのために、欲望のために、木を切りすぎた。自然を滅ぼしすぎた。
そのうち、木の復讐がくるよ。もう手遅れだけどね。」

「地獄は、オレが見てきたよ。あそこは、もう、定員がいっぱいで、パンクしそうだった。
だから、悉く焼き尽くす。塵になる。もう地獄は、ないよ。
これからは、天国しか、ないよ。」

「全部ひっくり返るときがもうすぐくる。
世の中、カネだって言ってる奴は、全身を一万円札で巻いてやるよ。
その後、マッチで火をつけて、お札ごと一緒に燃やされちゃうけどね。」

「人間はね、呼吸のしかたを間違ってる。竜の呼吸ってのがあるんだよ。」

(その当時、彼は呼吸ひとつだけで、一本のタバコを全部吸いきった(*o*)どんな肺活量・・?)

などなど・・・・
どんどん長くなって纏まらなくなってきたので、このへんにしておきます^^;


(誰か、似たような体験がある人がいれば、常に仲間を大募集中です。)


・・ちなみに、誤解している方がいるようなので補足です。
現在の普段のサクは、そこらじゅうのネジが外れまくってるような
ゆるいゆるい男です。(同じ神懸りでも、どうでもいい度合がまさに神です。)

現在は、覚醒者というより、人を笑わすためだけに生きてるような、
お気楽でふざけた人間ですので悪しからずご了承くださいませーい。



コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。