So-net無料ブログ作成
検索選択

loveable [最愛の家族に捧ぐ]

4202902381_6c4d2f5194.jpg

小さな頃
豊かな大人になりたいな

ただ漠然とそう思った

具体的な夢はなかった

ただ大きくて理解ある人間になりたかった

豊かさは
努力によって手に入れるものだと教えられた

だから
云われた通り得ようとした

より多くの知識
より多くの経験
より多くの勝利
より多くの自分という証明

価値
誇り

形ある信頼を積み上げる
形だけの自信を積み上げる


父と母は
そんな私を
「ひなは努力のひと」
と誇りにした


けれど

「もっと多くを私に」
自己完結した意識は
己と他の
競争と分裂の波に乗せるばかりで

終わりが見えない貪欲さは
私を 周囲を 
少しずつ疲労させていることに気づいた

豊かになるより
むしろ
私は自分を 見失った

「これで 誰がしあわせになるの?」

「これで 誰をしあわせにできるの?」

目に見えるものを掴むたび
見えない何かが
自分の手から次々にすり抜ける

枯渇した心が本当に求めたのは
何かを得ることではなかった

「お父さん お母さん
私が欲しいのはこれじゃないよ」

私が求めたのは
何か別の豊かさだった


あるとき

私は初めて「豊かな人」に出逢った

その人には何の知識もなかった

ステイタスも
人を惹きつける容姿も
アイデンティティも
何もなかった

けれど
彼の周りにはいつも人がたくさん集まった
みんなは彼をとても慕っていた
彼の周りは老若男女問わず
いつも笑顔で溢れていた

彼には何もなかったが
嘘も余計な飾りもなかった

ただ 彼が発するどんな言葉にも温もりを感じた

真心だけ いつも彼の胸から湧き出していた

それは私が求めた豊かさだった

何もない彼がしていたことは
難しい問題を解くよりずっと簡単なことだった

目の前の人に
胸で
心で接すること

そして
誰もが家族や特別な仲間に対してそうであるように
その人の本質を見つめたこと 愛したこと

良き者だからでも
悪しき者だからでも
弱者だからでも強者だからでもなく

ただどんな基準からも自由に
その人そのものを受け入れていた

誰のためでもなく
何かの目的のためでもなく
自分のために
人を愛していた

どんな欠点も間違いも
それを理解し許すかのような優しい瞳で

私は知った

豊かになることに努力はいらない

ただ
思いきり人を愛せばいいと

出逢う人を 好きになることを選べばいいと

彼らの心の闇すら恐れることはない

注がれるものより
注ぐものを
愛されようとするより
愛することを
どこまでできるか見つめてみよう

一心に照らそうと試みよう

そうしてできる限り 自分を広げてみよう

納得できるくらい 愛することを選んでみよう

方法もいらない
知識もいらない

ただ
自分のように誰かを想い見つめようとするなら
物の見え方が変わる

見える世界が変わる

現実が変わる

自分が変わることは
世界が変わること

競争
剥奪
損得
勝敗
優劣
差別
共生
調和

人はみな
意識的に
または無意識的に
いくつも存在しているパラレルワールドの中から
生きる世界を選んでいる

私も世界を創造しよう

創られた世界でなく
自分で築いた世界を歩こう


多くを得ること

それは私にとって
混乱だった


私は
単純な道を選ぶことにした


そして

自分を愛と呼ばれる何かに委ねたとき
自ずと見知らぬ力が
智恵が
私の心に注がれた

愛が連れてくるたくさんのもの
喜びも悲しみも祝福も嘆きも

そして傷の痛みすら
すべて受け入れよう

知っているから

それが私を豊かにするすべてだと

得なければならないものなど
はじめから何もなかった


何一つなかったの


お父さん お母さん


努力を教えてくれてありがとう


私はね

そこから 新しい世界を 見つけたんだよ


自分の道を やっと 見つけたんだよ





『ラバボー』radwimps

お母ちゃん
僕はあなたの望むような人になれましたか
僕を心から嫌いになったことはありましたか

僕のせいで自分を嫌いになりそうになったら
迷わず 僕を忘れていいよ

お母ちゃん
僕はあなたの思うような人になりたかったの
お兄ちゃんじゃなくて僕だけを 見てて欲しかったの

僕のせいで自分を嫌いになりそうになっても
お願い 僕を忘れないで

お母ちゃん泣くのをまた見て浮かんだメロディー走らせ
なんだか 僕まで泣きたい気持ちになっちゃったよ

I'm Mr.Lonely lonely loveable
Mommy,please say that I'm your treasure
I'm Mr.Lonely lonely loveable
Lady,now,say that you were proud of me


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。