So-net無料ブログ作成

a point of view [火の詞~ひなの言の葉]

間違った人生ってあるのかな

人は なにかと評価をつけたがるけど

どこに基準があるのかな

わからないな

かりに
間違いがそこにあるとしたら
「間違った」
と悔いて嘆くその姿にあるのかもしれない


今日も
穏やかに微笑むばかりのあなた

愛する人よ 

ねえ あなたは どう思う?

vlbg023060.jpg



怖いものは
「間違い」じゃない
間違いに怯え頑なになる私の心

恐れるものは
「失敗」じゃない
失敗を厭い固く縮もうとする私の心

もし私が
「正解」を生きようとするなら

目の見えない
「常識」という隠れ蓑に身を包み
無機質な魂を装うだろう

殻を被った魂は
鈍くなり
やがて
無感覚になる

そうして
私はきっと
自分の見るべき真実から目を背けてしまうだろう

それは
私の生き方ではなく
誰かが敷いた
誰かの生き方

空が美しいと彼女はいう
空が泣いていると彼はいう

人生はつらい とあの子はいう
人生は愉快 とこの子はいう

美しいもの
醜いもの

真実は人それぞれで
現実を見る角度は幾通りもある

同じ角度から見なきゃならないなんて
誰が決めたの

あの価値観
この価値観

交差するパラレルワールドの中
私は思う

二つの真実が出逢うのは
ぶつかり合うことで
どちらかの正当性を証明するためではなく
きっと
互いの真実を拡大するためだと

ならば
私は
「間違い」すら
完成の部品に変えて生きてみたい

「失敗」すら
神の祝福に変えて生きてみたい

苦しみとは
ひとつの角度
ひとつの見方に
自身が捕らわれるとき
訪れるもの

ひとつの現実には
必ず裏と表がある

陰があれば
必ず 陽が見つかるだろう

今そこに
影があるなら
私は 光を探せばいい


真実も魂も
固く小さく生きるより
大きく広く飛ばしてみたいから

そうして
新しい出逢いを繰り返せたら
新しい真実を重ねていけたら

そうして
新しい私を
新しい誰かの真実を
互いに
広げ続けていけるなら

きっと
それは誰がなんといおうと
最高に豊かな人生


ああ

そんな風に生きれたらいい

生きてみたい


…そうして私は
小さな祈りを呟きながら

今日も無言の天を 仰ぐのです


4428204588_0eea11f453.jpg


共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。