So-net無料ブログ作成
検索選択
さいしょに。 ブログトップ

わたしと相棒。 [さいしょに。]

わたしは、29歳のその秋まで、本当の恋愛をしたことがなかった

運命の出逢いがあるなんて、信じてもいなかった

興味もなかった

「きっとずっと一人で生きてくんだ」
そう思ってた

ファッションやメイク、女の子が好む華やかな世界。

そこに馴染もうとするほど、違和感を覚えた10代

そして、ずっと生きる意味だけを求めて走った20代

神様を知りたくて
何がほんとか知りたくて
どうしようもなく切実な想いで
一人で真っ暗な道を駆け抜けてた

大好きな家族も傷つけるほどに。



そして、
答えのない現実を前に途方に暮れていた頃ー、


「あなた」 は現れた。


神様のシナリオをみつけた。


それは
遠く離れたふたりの「言葉」の糸がつながった瞬間だった




そんな、不思議なふたりの縁について、
少しずつでも言葉にして綴っておこうと思う。


(プロフィール写真は、相方の実家からの眺めです。)

※  ∫ にこいち Days ∬  ~ ♂ ツインな魂 ♀のちいさなお話 の続編、ひとりごと記録です






nice!(0)  コメント(0) 

ふたつの片割れ。 [さいしょに。]

不器用で真面目 コツコツ地味に生きるばかり
誰もが呆れ返るほど
遊びもろくに知らなかった わたし

破天荒で問題児 学校も退学
誰もが呆れ返るほど
人生を遊びと称して生きていた あなた

上を目指したわたし
下を目指したあなた

まるで対極な性質のあなたとわたし


どうして出会ったんだろう

昼と夜の如く
好みも趣味も まるで正反対

遠く離れた二人が巡り会えことすら
まるで奇跡

そのS極とN極は
予め互いに
強烈に引き付け合う性質を持ちながら
それまでの人生の中で
全く両極端の現実を
引き寄せていた

その日まで
互いの存在にすら気付かず
それぞれ全く逆の生活を歩んでいた


けれど
魂は 魂だけは 知っていた

同じ叫びを繰り返してた



自らの深い部分から生まれる求めを
絶えず訪ねていた


天国を探した者
地獄を探した者
二つの共通の求めは
ひとつ

神の愛を知りたい

唯一
そこにこそ違いはなかった


天国と地獄の底が重なるとき

それは
おのずと
魂の片割れと繋がるとき

その瞬間

私はそれまでのすべて失ったが
求めたものを知った

彼と共に生きることは
昼が夜を知り
夜が昼を知ること

光が闇を愛し
闇が光を愛すること

崇高な天使も
邪悪な悪魔も
同じ神を愛する子であるように


正反対のふたつの物の見方

ふたつの最大公約数を生きることは
一人ではまるで知ることすら出来ない
人間の幅を
無限に広げることなのかもしれない

それはときに
嵐のように激しく
心の扉を叩き 開く

すべての物事の 極と極がつながる

強さにも弱さにも
正しさにも間違いにも
それぞれの役割があることを
あなたはみせてくれる

あなたを愛することは
世界のすべてを愛すること

あなたを愛することは
わたしを 
命を 
愛すること


魂の物語。 [さいしょに。]

はるか遠い昔、
人生とは苦であると悟った
高尚な魂が在ったという

物心ついたばかりの幼い頃、
その言葉を何処かで聞いた私は、
以来その呪文が頭から離れなくなった

そしてその言葉通り、
私は自分の十代と二十代を、
精神的苦悶の色に染めてしまった

助けてくださいと
何度叫んだことだろう
宛先の無い手紙に殴り書きして破いた数々の祈り

それでも信じた
人生には何か大きな意味があると

苦しみの先には
喜びが
幸せがあると

ひとり
手探りでもがいた

そうして
その魂が悟ったというその年齢を
同じように迎える頃
私も気づけばすべてのものを捨てて
誰にも告げずに家を飛び出していた

何度倒れても諦めぬ想いが
届いたからかはわからぬが
ようやく天は
その信念に応えた

そして私に
新しい別の回答を与えてくれた

彼の愛というカタチで

それを人が
魂の片割れと呼ぶことを知ったのは
その少し後のこと

彼は私に
無償の愛を
身を持って教えてくれた

私もまた
絶え間なく心に湧く
すべてを赦せる愛を覚えた

そのとき
モノクロの心の世界が
初めて彩りを持った

人は生きてる限り
完全な神のようにはなれない
おこがましくも
すべてを持つことは出来ない

片方の性を持ち、
DNAに刻まれた個別の記憶が
性質が
それを教えてくれる

だからこそ人はひかれあう

天はその引力の中に
1+1=∞になる鍵を隠しておいたのだろう

人はいつかその決定的な出逢いをする

足りぬ自分を
愛によって豊かにする
かけがえのない存在と出逢う

正反対の鏡のようなある生身の人間によって
一人では決して
受け入れることの出来なかった価値観を
生き方を
忌み嫌う対象を
相手を想う心故に
受け入れるようになる

ふたつはパズルが合うように
N極とS極が繋がって光がつくように

天が与えた魔法は
頑な心を溶かす

これを奇跡という以外
なんと説明すれば足りるのだろう

私は彼と出逢い
思い知った

光と闇がもとは同じだったことを

善も悪も
同じ愛を求めていることを

神の愛は
一部の選ばれた『聖人』達だけに与えられているのではないと
愛する以外に
人に使命などないと

これまでの二人の人生は相反する二つの道

本当のことを知りたくて
世の中の敷いた線路を辿り
社会の求める『理想の姿』を彷徨った私
泣きながら
求めながら

本当のことを知りたくて
世の中の敷いた線路を外れ
社会が忌み嫌う『アウトロー』の道を彷徨った彼
泣きながら
求めながら

上を目指し
下を目指し

けれど
求めたのは同じ愛だった

そして私たちは
今も旅の途中

終わらない旅の横道を
訪れる未知(みち)を

ゆっくりゆっくり歩いている

手を繋いだまま


4285426377_e67ccd8055.jpg


共通テーマ:blog
さいしょに。 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。