So-net無料ブログ作成
検索選択
魂を揺さぶる言霊ファイルⅠ ブログトップ
前の10件 | -

知音。 [魂を揺さぶる言霊ファイルⅠ]

空海の言葉から。 

なぜか昔からこの方に惹かれます・・

************************************
「 知音 知音 蘭契深 」 (引用:『徒懐玉』)


※ 「知音」(ちいん)とは、自分の心をよくわかっている人
親友、恋人、知人問わず、互いに心通わす相手のことをいいます。

( 意味 )
知音よ 知音よ 我が心はあなたの心
蘭のように香しく その契りは
深く長く 心の奥まで根付くもの

************************************

「 人の相知る 必ずしも対面して 久しく話(かた)るに在らず

意通ずれば 即ち 傾蓋(けいがい)の遇なり 」 (引用:『性霊集』)
 

( 意味 )
ある人の本心を知るには、
必ずしも直接会って長く語らなくてもよい。
肝心なのは、ただお互いの心が通じ合うことだけだ。
そうすれば、一見しただけでも旧知のように親しくなれる。

************************************

そう どこかで 聞いたことがある

この宇宙のどこかには
言葉を使わず
テレパシーで会話する生命体がいると

以心伝心が 当然だとして
人間同士の交わりに 言葉が必要でなければ
こんなに 
誤解や摩擦は生まれなかったのか

溢れそうな想いを 言葉という箱に詰めて
君に届ける作業は ときに 難しく

ただ 互いの心を そっと開け放して
それを見つめて 理解しあうだけならば
傷つけあうことも すれ違うことも
ないのだろうか

親愛なる人よ 愛する家族よ 恋しい友よ

想えど 想えど
その祈りは 限りなく 

きっと
君が受け取るであろう わたしの心は
いつだって ありのままでは ないのだろう

わたしは それを憂うまい

それは けして 悲しいことなんかじゃない

深い摩擦が 
深い軌跡を描くように
あらゆる影が 互いの絆を強くする

心は 高まり ぶつかるたびに 幾重にも分かれ
土深くに 根を下ろす

多くの葛藤は 肥やしとなり 互いをまた 結びつける

そうして ふたり 日々 築き上げるえにしの土壌
わかり合える歓喜と奇跡

その縁をもたらした 神への思慕を
魂に刻むだろう

だから 私

人間に生まれてよかった


よかったんだ


sor0034-009_m.jpg

『魂の祈り』 [魂を揺さぶる言霊ファイルⅠ]

『魂の祈り』

2010525100027s.jpg

**************************************

Oh Divine Cosmic Mind
ああ、神聖なる宇宙の心よ

Holy Awareness in All Creation
あらゆる創造物への

聖なる気付きを、

Carried in the heart
我が心にもたらしたまえ

Ruler of the mind
その心を制するものよ

Savior of the Soul
魂の救い主よ

Live in me today
今日も

我が心のうちに住みたまえ

Be my Daily Bread
As I give bread to others
他と共に分け合うために 

我が日々の糧とならん

Help me grow in knowledge
Of All Creation
万物への叡智が

我がうちなる魂に 刻まれ 
育まれしことを 乞い願わん

Clear my eyes
That I may See
我が瞳から 一切の曇りを無くしたまえ  

見るべきものが見えるように

Clear my ears
That I may hear
我が耳を 澄ませたまえ

聞くべきものが聞こえるように

Cleanse my heart
That I may know and love
我が心を 清めたまえ

知るべきものを知り 愛することができるように


Divine Cosmic Mind  The Holiness of True Existence




一霊四魂 [魂を揺さぶる言霊ファイルⅠ]

一霊四魂という思想がある。

この記録を始めるきっかけを与えてくれた友が
辛い時期に教えてくれた。

私にとって、大きな影響力を持った思想だ。

心が奮い立ち、深く感銘を受けたので、ここに記しておく。

**************************************************

一霊四魂(いちれいしこん)とは、
心は、天と繋がる一霊「直霊」(なおひ)と
4つの魂から成り立つという日本の神道の思想である。

「一霊四魂」とは、人間の心は四つの魂から成り立ち、
それらを一つの「霊」がコントロールしていると考える。

それぞれの魂には、
荒魂(あらみたま)、和魂(にぎみたま)、幸魂(さちみたま)、奇魂(くしみたま)
という神様の名前がついており、それらを統括するのが一つの霊で、
直霊(なおひ)である。

これが人間の一霊四魂という「心の構造」である。

荒魂には勇、和魂には親、幸魂には愛、奇魂には智
というそれぞれの魂の機能があり、それらを、直霊(なおひ)がコントロールしている。

簡単に言えば、
勇は、前に進む力、親は、人と親しく交わる力、
愛は、人を愛し育てる力、智は、物事を観察し分析し、悟る力である。

これら4つの働きを、直霊がフィードバックし、良心のような働きをする。
例えば、智の働きが行き過ぎると
「あまり分析や評価ばかりしていると、人に嫌われるよ」という具合に反省を促す。

つまり、この直霊は、「省みる」という機能を持っている。


四魂の機能

勇 -荒魂(あらみたま)
「勇」は荒魂の機能であり、前に進む力である。
勇猛に前に進むだけではなく、耐え忍びコツコツとやっていく力でもある。
その機能は、「勇」という一字で表わされる。
行動力があり、外向性の強い人は荒魂といえる。

親 -和魂(にぎみたま)
2つめの魂の機能は和魂であり、親しみ交わるという力である。
その機能は、一字で表現すれば「親」である。
平和や調和を望み親和力の強い人は和魂が強い。

愛 -幸魂(さちみたま)(さきみたまとも呼ばれる)
3つめの魂は幸魂であり、その機能は人を愛し育てる力である。
これは、「愛」という一字で表される。
思いやりや感情を大切にし、相互理解を計ろうとする人は幸魂が強い人である。

智 -奇魂(くしみたま)
4つめは奇魂であり、この機能は観察力、分析力、
理解力などから構成される知性である。
真理を求めて探究する人は、奇魂が強いといえる。

「直霊」(なおひ)の機能を一字で表すと「省」で、
自分の行動の良し悪しを、省みることで、四魂を磨いていく働きをする。

直霊はものごとの善悪を判断して、人を誤らせないように導き、
もしも誤ってしまった場合は、それらを反省し、自らを責め、悔い改めようとする。

この直霊だけが、直接「天」につながり、
四つの魂をコントロールすることで四つの魂を磨くという働きをする。

荒魂には「恥じる」ことでフィードバックし、
和魂には「悔いる」で、幸魂には 「畏れる」で、
奇魂には「覚る」ということでフィードバックする。

この4種のフィードバックをするためには、
「省みる」という機能が前提であり、これを加えて、五情の戒律という。


四魂は直霊によって磨かれることで、四段階で成長をする。

4つの魂全てが十分に発達した状態が「全徳」である。

人間はこの全徳をめざして魂を磨いていくことが目的であるとされている。


※ 出典
wikipedia より

FACE [魂を揺さぶる言霊ファイルⅠ]

In Arabic,
the "face" of something signifies its essence or reality.

アラビア語で、何かの「顔」とは、
その本質ないしは実在性を意味する。

If the only Face of God you CHOOSE to see, is the "Good and Loving" face

もし、あなたが見たいと「選ぶ」、神のその表情が、
「善と愛」の顔であるならば、

- then the other will manifest in your life in other ways.

そうではない別の表情が、
ほかのカタチで、あなたの人生に顕現するだろう。

It is a little like being "in love" with someone

これは少し、誰かと「恋」に落ちることに似ている。

who has certain characteristics that you decide to try to change,

相手の性格のある部分を、あなたが変えてみようと決めたり、

or to "put up with" (often by changing some essential thing about yourself).

(よくあるのは、あなた自身の根本的な性質を変えたりして、)
我慢しようとするように。

You don't REALLY LOVE THAT PERSON AS HE/SHE IS.

そのとき、あなたは、
ありのままの彼/彼女を本当に愛しているとはいえない。

And the same is true of our "Love of God."

同じことが、「神の愛」にも当てはまる。

How can we possibly LOVE Him,
if we deny fully HALF of His being?

神の存在の半分を否定してしまったとしたら、
どうやって神を本当に愛することなどできようか?

If we set ourselves up as judge and jury

まるで裁判官のようにこの宇宙を裁こうとでもいうのか?

as to what part of the universe, what part of existence, what part of GOD, is acceptable and "okay?"

宇宙の、存在の、神の、一体どの部分だけが、
受け容れ可能であり、「オーケー」だと?


(……)

To live in a condition where one denies the right of the so-called "base character traits" to exist,

いわゆる「最も低級の性質が持つ特性」を否定し、

to consider them an "error" or a "rebellion," a "Satanic delusion,"

それを「誤り」ないし「反抗」、
「極悪非道な間違い」などとみなす者は、

is to deny fully half of existence,

存在の半面を全く否定し、

fully half of God - to reject Him,
to NOT love him;

神の半分を否定する者、神を拒み愛さぬ者である。

to love only those parts that the limited human mind
consider to be "acceptable"

人の心の限られた(美しい)一面のみを
「受け容れ可能」として愛し、

and to "hate" those parts that are not "pleasant" and desirable to fleshly comfort

世俗的な安定にとって「心地よく」なく、
望ましからぬ側面を「嫌う」ならば、

- and it is to love subjectively only the part of the self that is "acceptable."

それは、「受け容れ可能な」自己の一面のみを
自己中心的に愛することに他ならない。

And this is a crucial point.

ここが大事な点なのだ。

To ACCEPT one's own self, in all its many parts.

自らの全ての部分を受け容れること。

That does NOT mean that one "manifests" every negative character trait,

それは、
全てのネガティブな性格特性を「表現せよ」ということではない。

it means that one accepts, loves,
and tries always to choose to manifest the noble traits

あらゆるものに存在する高貴な特性を、
あなたが常に明らかにするべく、
受け容れ、愛し、試みる選択をすることだ。

and to channel the base traits productively.

低級の特性にも生産的に心を向けることなのである。

To love objectively, all that IS,
unconditionally, both the light and the darkness,

存在するもの全てを、無条件に、光も闇をも、客観的に愛し、

and to NEVER interfere with the Free Will of another
to choose to do or be as they see fit is one of the keys;
one of the "simple understandings."

他人がそうありたい、ぴったり来ると感じるがまま、
自由意思に干渉しないことこそひとつの鍵であり、
「シンプルな理解」ともいえる。

Of course, at the same time,

もちろん、同時に、

it is to refuse to have one's own Free Will violated.

拒絶は、他者の自由意思の侵害である。

You don't have to act "against" another,

他人に「対抗して」振舞うべきではなく、

you merely act "for your own destiny" in such cases.

そのような場合は、ただ単に、
「あなた自身の運命のため」行動するのがよい。

’The Light of Perspicacity comes directly from God,
from the source, so to speak.

「洞察の光は神から、言わば根源から直接にやって来る。

That is why it is able to see not only the praiseworthy
but the blameworthy as well.

だからこそ、賞賛に値するもののみならず、
非難に値するものをも見ることができるのだ。

In other words,
the light of perspicacity IS the ability to SEE OBJECTIVELY.

言い換えるなら、
洞察の光とは、客観的にものごとを見るチカラなのだ。


And we obtain this "perspicacity,"
apparently, from knowledge.

この「洞察力」こそ、知から獲得されるものである。

by Cassiopaean 6th Density STO (Service To Others)

知の探求 [魂を揺さぶる言霊ファイルⅠ]

Your learning naturally dictates your experiences.

あなたの学びが、
自ずとあなたの経験を左右する。


Once you no longer require something,

もはやあなたが何かを
求めないようになれば、

you naturally move beyond it.

自ずとあなた方は、幻想を越えて行く。

However,
you retain it
as a function of understanding.

だが、
あなた方は幻想たちを
理解の道具として留め取っておこうとする。

Knowledge is truly power.

知ることはまさに力だ。


as the best choice in each moment,
we are on the right track.
Precisely.

日々あなたに自然にもたらされるものを、
瞬間瞬間ベストな選択として、
引き受けこなして行きさえすれば、
決してあなたは間違いはしない。


光は全てであり、
全ては知ることであり、
知ることはは全てである。

Now all you need is the faith and realization
that acquiring of knowledge is all you need.

後は、知り続けることが必要であると信じ、
覚り、理解することだ。


あなたがただ知り続けることを信じさえすれば、
誤った知を得ることはないだろう。

because there is no such thing.

間違った知識などは無いのだから。

There is no need to fear the absorption of false information
when you are simply openly seeking to acquire knowledge.

新しい知を常にただオープンに求めるなら、
間違った情報の吸収を恐れる必要はない。

And knowledge forms all the protection
you could ever need.

知ることが、
かつてあなたが求めたように、
あらゆることから守ってくれる。

The very material substance
that the knowledge takes on,

知るということが帯びるその本質こそが、

since it is at the root of all existence,

全ての存在の根底にあるがゆえに、

will protect you from absorption of false information
which is not knowledge.

知ではない、
誤りの情報を吸収することから、
あなたを守るだろう。


進化の唯一の方法は経験から学ぶこと、
つまり、
自分の思考と行動の結果を経験するということ。


なぜなら
あなたは心の中に、
存在し、存在した、
存在するであろう全てを、
完全に持っている。

All you have to do is learn how to use it,

あなたはその使い方を学びさえすればよいのであって、

and at that moment, you will literally, literally, be all that is, was,
and ever will be!!!!!!!!

それが出来たとき、
あなたは文字通り、
文字通り、
ある・あった・あるであろう全てとなるのだ!


(Cassiopaean 6th Density STO -Service To Other-大いなる秘密より )

************************
…真実とは
そして神とは
常に動き続け、知り続ける自分自身。

自分の無知を覚り、
絶えず進み続けることを諦めない限り、
「間違う」ことはない。

どんな情報にも、絶対的な真実などはない。

絶対的な善悪も、然り。

されど人は、固定観念で、
人を判断し、
現実を裁き、
理解の範疇に縛りたがるもの。
そして、枠にはめたがる。

不安だから。

不安だから基準にしがみつきたい。


だからこそ、「立派な社会人」になるとき、
社会の基準と引き換えに
人は何かを失う。


ただ、
子供のように未知で、
無防備で
無邪気であり続けること…、
いつまでも諦めたくないものですね

Let your love guide you [魂を揺さぶる言霊ファイルⅠ]

I'd like to know
what to focus on during my transitional period?

新しい時代へと移行するまでの間、
私たちが何に重点的に取り組めばいいのか、知りたいのです。

A: Find the desire of the heart.
Not so easy, though.

心からの望みをみつけることだ。
だが、やさしいことではない。

Q: (D) Any clues?

何か手掛かりはありますか?

A: False personality must die for the heart to be revealed.

偽りの人格が死なないとその本望は明らかにならない。

Q: (D) Okay,
so how can I move in that direction?

では、どうすればその方向に進むことができるのでしょう?

A: It cannot be done alone.

1人では無理だ。

You know the drill quite well,
just a bit shy about commencing.

あなたはその訓練方法をよく知ってるが、
始めるのを少しばかりためらってるだけだ。

Q:So is there someone specific, or...

では、
特定の人が居るということですか、
それとも…?

A: The process of the mirror is the most reliable way
of seeing one's true reflection.

鏡に映し出すプロセスこそが
自分の真の姿を観る一番確実な方法だ。

You can see your soul that way.

魂もそのように見ることができる。



…There is no possibility of true spiritual work progressing without full awareness of the world that surrounds you.

魂のために
世俗的なことを避けるべきなどと思い違いをしてはいけない。

自分の周りの世の中について
十分な認識も無いままで、
魂のもたらす真の進化を果たすことは決して出来ない。


Let your curiosity guide you.

ただ、あなたの好奇心に従いなさい。

In its pure state curiosity is a spiritual function.

純粋な状態にある好奇心こそ
魂のハタラキなのだから。



by Cassiopaean 6th Density STO (Service To Others)

万古末代散らぬ花 [魂を揺さぶる言霊ファイルⅠ]

常とわに咲く花なれよ。

枯れて散るのが花ならず。永久に栄える花もあるらん。
自然の花には、自然の花の、役割もあり、命もあらん。
色鮮やかに、目を楽します、花には花の美しさあり。
なれども花にも表せぬ、心の花あり。美しさあり。
心和ませ、安らぎを、憩いをもたらす花なれよ。
時の移ろい変わりても、衰えることなく、萎びることなく、
さらに繁りて、輝き増さん。
豊かな心にこそ花は、咲き誇るらん、命を賀して。

神を讃える花なれよ。
おのが才能才知に恃み、神を欺く花は朽ちなん。
神の真摯な心に倣えよ。神とて完全、完璧はなし。
常に不足と欠如を感じ、努力と精進怠らざるを。
神の心に、戻れよ、人よ。
人も昔は神なりき。
神の心を持ちたればこそ、神のことばを使えしを。
今また戻りて神のことばを、神の用いることばを話せよ。
不可能ならず。夢想にあらず。人が心を改めば、神の心は甦るらん。
神の心の復活を、今こそ祈れよ、今この時に。

己の内なる魂に祈れよ。
己の汚れを祓い清めて、素直に祈らば、神は叶えん。

人類創生何億年の 年月星霜 
矢よりも早く、過ぎし日去りし日、思いを馳せよ。
神には一瞬、昨日の如くも、積もりし思いは山より高し。




願いの前に悲しみあり。喜びの前に苦悩あり。




全ての事象に、神意あり。
人を苦しめ絶望に、落として試さる神の意図。
人は迷わず疑わず、信じ任せて、全て預けよ。
人を鍛えて、来るべき、立て替え直しに残さんと、
魂分けておるなれば、今は辛抱、己を禊がん。




全てを委ねて待つになく、自ら欲せよ、求めよ、望めよ。

ことばの波動に浄められ、思いを高めよ、魂磨け。




from 「神から人へ」




自己への回帰 [魂を揺さぶる言霊ファイルⅠ]

沈黙の聖者
マハリシの言葉


「すべての生きものは、
いつでも幸福であることを願い、
悲惨でないことを願っている。

私たちひとりひとりについて考えてみても、
そこに
自己への至上の愛があることが認められる。

 その愛の源はただ一つ、
幸福である。

 人間の自然性である幸福、
意識のない深い眠りの中で
体験される幸福を
手に入れるためには、
人は
自己を知らねばならない。

 自己を知るためには、
『私は誰か』という問いで
自己を尋ねる知識の道こそ
最も重要な方法である。」

「しかし人は、この単純な裸の真理、
彼らの日々の真理、
つねにそこにあり
永遠の経験であるものを
理解しない。

この真理とは、
自分自身の真理のこと
である。

自己を知らない人が
どこにいよう?


それなのに人々は、
この真理を
耳にすることさえ好まない。

彼らは、
彼方にあるものや天国、
地獄や再生について
熱心に知りたがる。

彼らは不思議を愛しており、
真理を愛してはいないので、
神への信仰は、
結局
彼らを自己の周辺に連れてゆく程度のものしか
提供することができない。

どのような方法を
採るにせよ、
あなたは結局は
自己に帰ってゆかねばならない。


そうであるなら、
なぜ
ここで今、
自己の内に住まないのか?」

火水伝文より。 [魂を揺さぶる言霊ファイルⅠ]

今世申すは九分九厘、

『魔釣り』の世と成りて居るは申し伝えあるなれば、

汝の真中に据えある九分九厘は

いずれのモノにてござろうか。

今今に、とくと心底検められるが善かろうぞ。

神、人含めこの世にありてあるものは、
真釣りを外す事あらば、
苦を持て知らす【情けの仕組み】の中にあるのじゃ。


初発の岩戸閉めあるによりて、
汝等が囚われ身欲に走りたその時に、
魔釣りの経論に入りて、情けを受くる仕組みの世となりたのじゃ。
情けをもろうて初めて真釣りの何かに気付き向きたその時が、
真釣る花の経論の入り口と成りておりたのぞ。

情けの仕組みの大き型示しいうが汝等の申す〔死〕でござる。
花の仕組みの大き型示しいうが汝等の申す〔誕生〕でござるよ。

こが汝等のメグリの輪廻転生の始まりでござりたのじゃ。      

これ解かるか、身欲生ぜねば、悪生ぜず。悪生ぜねば、
メグリの輪廻転生は無かりたのであるぞ。

【真釣り】取る【ご苦労】を致して居れば、
いついつに在りても、嬉し楽しのミロクに入れたと申すも同じ事ぞ。

汝等もともと大神の御子なれば、光輝そのものでありたなれど、
真釣り外したが由、身欲の響き、
悪の響き鳴り鳴る様成りてしもうた
いうを知りて下されよ。

初発の岩戸閉めが、
正しくこ度に結ぶ元つ仕組みの発動でありたのじゃ。

総てを準備致されて後、
マコト、マコトの元つ神真釣りの肝腎要のところを、
神々も汝等も自らが取らねばならぬ、
肝腎要のところであるによりて解からなくされたのであるぞ。

そが情けの始まりでもありたのぞ。
初発の情けでありたのじゃ。
こが、この方の申す【ご苦労】いう事にござるのぞ。
マコトの神真釣りが見え
無くなりたいうは、汝等の方から見れば、ご苦労が、
不便が立ち現れ来る様に見え来るのじゃ。

汝等のお子が独り立ちなさるれば、自然と周りにご苦労や不便が
立ち現れ来るに同じぞ。
親のご恩に気付く機会なのじゃ。

汝等にとりても同じ事ぞ。
元つ天地のご恩に気付き、
感謝の響き鳴り鳴る様に成るれば
至善と真釣りが取れる様に成りて居るのじゃ。

ご苦労申すは、真釣りに気付くがためのご苦労なれば、
感謝の響きを持つも無く、初めから身欲利便に走り楽致しては、
真釣りを更に外し行く、苦楽の輪廻に結び行く、末は滅びるご苦業と、
なるがサダメと知りて解かりて下されよ。

汝等のマハタラキ思い出しくれよ。

汝等の本来のハタラキ申すは不調和を調和へ和する、

真釣るハタラキ鳴るを伝え知らせあろうがな。

汝等のハタラクハタラキ、

ハタラク楽しさ食らう事と関係無きぞ。       14

本来、汝等のハタラキ、己も楽しゅう、人も楽しゅう、

ハタ(他)楽なるが真姿(ますがた)ぞ。

ハタラク事と食らう事いっしょにしてはならぬのじゃ。

汝等の本来のハタラキ、

不調和を調和に和するハタラキなるぞ。

ハなるぞ。タなるぞ。ラなるぞ。

ハタラはワなるぞ。ハタラは横ぞ。カキクは竪ぞ。

元つキありてハタラキなるぞ。

ワキなるぞ。和する気なるぞ。

ハタラキ結び産むはクなるぞ。

ハタ(他)楽ぞ。

調和であるぞ。ワクワクであるぞ。

これ竪、横十字に正しく

結びた真姿ぞ。

マのハタラキぞ。


神々の詩② [魂を揺さぶる言霊ファイルⅠ]

神の御稜威も高照の  山より落つる言魂の
滝の響きは 淙々と  遠く近くに鳴り渡る

堅磐常磐の巌窟に   神の使いの大蛇彦
木の花姫の分霊    此処に現れましまして
日に夜につきぬ御教を 天地四方の神人に
具さに宣らせ給ひつつ 流れも清き言霊の
滝に心を洗ひ去り   瑞の御霊と現れまして
草の片葉にいたるまで 世は平けく安らけく

言問ひやめて神の夜を 堅磐常磐に治めむと
心を千々に砕かせつ  滝津涙を注ぎまし
吾らを救ひ給ふなり  嗚呼皇神よ皇神よ

前の10件 | - 魂を揺さぶる言霊ファイルⅠ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。