So-net無料ブログ作成
検索選択
音の葉 きろく ブログトップ
前の10件 | -

魂のしずく。 [音の葉 きろく]

今日、とても純粋な感性を持った、
ある大切なマイミクさんが届けてくださった音の葉を載せます

聴いた瞬間
どうしようもなく心が震えて、どこか深い部分が
突き動かされるような気がしました

この曲は、3.11の震災の3日前にステージレコーディングされたそうです

けれど、まるで、その役割を知っていたかのような歌。

歌詞ごと全部、今涙している人に、日本人みんなに届けたい。


「moment~今を生きる~」KOKIA



過ぎ去った時はささやく この瞬間を微笑むべきと
人生は瞬くように 駆け抜けて 風となるから

辛かったことは 忘れればいいというけど
未来は全てを 抱きしめてゆくことで 輝き増すこと 私は知ってる


失ったものがあるなら それにも増す愛で生きよう

前を向いて歩いてゆこう  今の私ならできる気がする

何もかも愛しく 笑って話せる
未来は全てを 受け止める覚悟と準備があること 私は知ったの

失ったもの以上の 愛が私を 輝かせた


考えるよりも 感じていたい 今をいきる喜び
思い通りになんてならないことばかり でも 生きているんだ そう笑って
そんなことが つながって つながって 重なって 重なって
私の人生を彩ってゆく 見たことのない色へと

信じている 過去と未来は

手をつないで 助けあっている
失ったものがあるなら それにも増す愛で生きよう
今を生きる 風となるまで

過ぎ去った時はささやく




dcd067b5.jpg


共通テーマ:blog

笑者が長者で勝者となりて。 [音の葉 きろく]

ねぇどうしたの?

そんなにいっぱい抱え込んでさ

とんだ文明の退化だとどんだけあざ笑われようと


僕なら 大丈夫さ もうビクともしないから

だってもうじき会えるんだ


片割れが待ってんだ

手に入れるんだ

もっと違う笑い方を

僕は


(億万笑者 RADWIMPS)


b0b796ed-s.jpg


目が覚めると 愛するあなたが横に居る

こんな当然のことが 
しあわせで 奇跡で これ以上のことはなくて
この瞬間に ただ
「ありがとう」と呟いてみる

今を精一杯吸い込もう
あなたと味わう 喜 怒 哀 楽 全部そのまま 残さずたいらげよう

不安や後悔に 逃げてる時間なんてなくて
ただ あなたとの今が いとおしくて いとおしくて それだけ

ときに 喜びで 胸が苦しくなるくらいに

神様は きっと 理由があって
人間のチカラに限界を作ったの
人間のイノチに限界を作ったの

だから 
その限界はきっと 嘆くものではなくて
その弱さはきっと 他の誰かと生きるために 
他の誰かに愛されるために 存在してると信じたい

恐れの中で 長くおびえて 生き存える命もあれば
喜びながら 満たされて 短く消え行く命もある

長いか 短いかは 別として
せめて いつも 笑っていたいな 

あなたと生きるこの瞬間に

せめて せめて

「ありがとう」を忘れずにいたいな 



・・・そんなことをふと思ったとき 聴いた歌「億万笑者」。

とってもぴったりだったので、載せておきます。




明日に希望を持った者だけに 絶望があるんだ
何かを信じた者だけに 裏切りはあるんだ

勇者だけに与えられた 名誉の負傷とでも言うのか
それにしてはずいぶんと 割に合わないな

手にしたいものがない者に 眠れぬ夜はないんだ
守りたいものがない者に この怖れなどないんだ

握りしめることもなければ 奪われることもないんだ
失くしたって気付かぬ者からは
何も奪えやしないんだ

「絶望なんかまだしてんの?
何をそんな期待してるの?」
ご忠告どうもありがとう でも譲る気はないんだ

僕はね 知ってるんだ これらすべて
喜びの対価だと 万歳のおたまじゃくしだと

僕の肩に乗った 彼らすべて
対義の語とセットなの

片割れのもとへ 無事届けるまで



裏切りを知った者だけに 疑いが芽生えるんだ
そいつを手にした自らの 汚れを憎むんだ


でもそもそもの元を辿っていけば
正しさに気付くんだ
どれほどの価値があったかは 手放してから知るんだ

「身軽になったこの体で
僕はどこにだって行けるよ」

いや、手放した時はもうすでに
その価値は分からないんだ


僕だけ知ってるんだ これらすべて
喜びの対価だと 昨今のドル円相場はどう?

この際だもう 目指そうか せっかくだから
効率優先至上主義の 現代の億万笑者でも ねぇ




共通テーマ:blog

DEAR HOME TOWN [音の葉 きろく]

故郷 福島いわきへの相方の想いと重なったので

この歌を・・・





何も無い場所だけれど ここにしか咲かない花がある
心に括りつけた 荷物を 静かに降ろせる場所

空の色映し出した 瑠璃色の海遥かから聞こえる
あなたの笑い声は よく聞けば 波の音でした

寂しさ隠せずにいるなら 一人になればいい
ささやくほどの声で呼んでいるのは いつも同じ名前

あの優しかった場所は今でも
変わらずに 僕を待ってくれていますか?

最後まで笑顔で 何度も振り返り
遠ざかる姿に 唇かみしめた

今はこみ上げる 寂寞の思いに
潤んだ世界を 拭ってくれる指先を 待っている

影が教えてくれるのは そこにある悲しみだけじゃない
俯く顔を上げて 振り返れば
そこにある光に気付くだろう

同じ数の出会いと別れ でも割り切れなくて
余るほどの想い出をいつまでも 胸に咲かせながら

雨上がりの道は泥濘るむけれど
今ここに 生きている証を刻むよ
  
どうかこの涙を しおれかけの花に
喜びのかなたで もう一度咲けるように
 
  
願いは海風に 吹かれて大空へ
  

やがて小さな 虹をわたるよ いつの日か その足で


ここにしか咲かない花 ここにしか吹かない風
  
ここでしか聴けない歌 ここでしか見えないもの
  
ここにしか咲かない花 ここにしか吹かない風

  
あの優しかった場所は今でも
変わらずに 僕を待ってくれていますか?
  
ふいにこみ上げる 寂寞の想いに
潤んだ世界を拭ってくれる
  
雨上がりの道は泥濘るむけれど

今ここに 生きている証を刻むよ
いつかこの涙も 寂寞の想いも
忘れ去られそうな 時代の傷跡も
  
燦然と輝く あけもどろの中に
  
風が運んで 星に変わる そんな日を 待っている


a4e1d345.jpg



共通テーマ:blog

闇中の一輝 [音の葉 きろく]

停電中、
「楽しいね」
とメッセージをくれた生徒がいた

「真っ暗だから 星がキレイだよ」
とつぶやいた人がいた

そんなとき
ちょうどイヤホンから流れてきた歌

あまりにも心にぴったりきて 温かい気持ちになった

明かりのない夜も悪くない ね

「タガタメ」


ディカプリオの出世作なら
さっき僕が録画しておいたから
もう少し話をしよう
眠ってしまうにはまだ早いだろう
この星をみてるのは
君と僕と あと何人いるのかな
ある人は泣いているのだろう
ある人はキスでもしてるんだろう

子供らを被害者に 加害者にもせずに
この街で暮らすため まず何をすべきだろう?
でももしも被害者に 加害者になったとき
出来ることと言えば
涙を流し 瞼をはらし
祈るほかにないのか?

タダタダダキアッテ (ただただ抱き合って)
カタタタキダキアッテ (肩叩き抱き合って)
テヲトッテダキアッテ (手を取って抱き合って)

左の人 右の人
ふとしたばしょできっと繋がってるから
片一方を裁けないよな
僕等は連鎖する生き物だよ

この世界に潜む 怒りや悲しみに
あと何度出会うだろう それを許せるかな?
明日 もし晴れたら広い公園へ行こう
そしてブラブラ歩こう

手をつないで 犬も連れて
何も考えないで行こう

タタカッテ タタカッテ (戦って 戦って)
タガタメ タタカッテ (誰がため 戦って)
タタカッテ ダレ カッタ (戦って 誰 勝った?)
タガタメダ タガタメダ (誰がためだ? 誰がためだ?)
タガタメ タタカッタ (誰がため戦った?)

子供らを被害者に 加害者にもせずに
この街で暮らすため まず何をすべきだろう?
でももしも被害者に 加害者になったとき
かろうじて出来ることは
相変わらず 性懲りもなく
愛すこと以外にない

タダタダダキアッテ (ただただ抱き合って)
カタタタキダキアッテ (肩叩き抱き合って)
テヲトッテダキアッテ (手を取って抱き合って)
タダタダタダ (ただただただ)
タダタダタダ (ただただただ)
タダタダキアッテイコウ (ただただ抱き合っていこう)

タタカッテ タタカッテ (戦って 戦って)
タガタメ タタカッテ (誰がため 戦って)
タタカッテ ダレ カッタ (戦って 誰 勝った?)
タガタメダ タガタメダ (誰がためだ? 誰がためだ?)
タガタメ タタカッタ (誰がため戦った?)




共通テーマ:blog

小さな愛のうた [音の葉 きろく]

被災地の友達に訊ねた

今 どうしてるの?
どんな想いで過ごしているの?

彼は応えた

「歌を歌ってる
みんなに元気を与えるように」

こんな状況でも

笑顔で 愛を与える人よ


そんな あなたに送る歌




everyday everytime everyday

もしもこの世を変える
そんな 歌があるとしたなら

それはきっととても素朴で 決して飾りたてられていない

1人の人へ向けられた 真っすぐな愛の歌でしょう

愛し続けて 想い続けて 歌い続ける

それだけ それだけでいい

世界はそんな誰かの 小さな想いで
日々生まれ変わっているの

everyday everytime

歌い続けたい 溢れる想い止まらない

everyday everytime everyday everytime

疲れ果てたある人は言ったの
生きてゆくことはもう辛いと

病気と闘う誰かも言ったの どうか生き続けられますようにと
望んだ現実じゃなくても 立ち向かう勇気を

生き続けて 闘い続けて 愛し続ける

それだけ それだけでいい

愛は全ての人に平等?

そうは思えない時だってあるけど
それでも私は歌い続けたい 想いをつなぐ為に

もしもこの世を変える
そんな歌があるとしたなら

それはきっととても素朴で 力強くきらめいた誰かの 生き様 そのもの

愛し続けて 想い続けて 歌い続けて 生き続ける

世界はそんな私達の小さな 想いで日々生まれ変わってゆくの

everyday everytime

歌い続けたい 溢れる想い止まらない

私ここに居て 歌い続けてる 愛は確かに生きている




共通テーマ:blog

Best in Me [音の葉 きろく]

「弟子の準備が整ったとき おのずと師匠は訪れる」

それは いつも私次第だった

何かをひとつ 理解できたとき
何かをひとつ 赦せたとき

必ず ふさわしい師が 仲間が 現れた

すべては 私の内側が 引き寄せた現実

その解釈も 私次第

喜怒哀楽 

傷つくのも 不安になるのも

すべての現実のテクストは 私の心の内側の反映だった

暗闇のなか

だいすき と ありがとう を選ぶたび

私の世界は 広がった


そうして 想いの磁石が引き寄せ合って

あなたは ようやく 現れた

あなたは 最初で最後の 私の 最高の恋人であり 

そして 今 私の 最高の師




Best in Me


歌詞(邦訳):

会った瞬間から分かっていた

君は僕のものだって

君が僕の手に触れたとき

僕たちの時間が始まることを知ったんだ

この感覚を決して失いたくはない

たとえ一瞬でも 離れたまま

徒に時間を過ごしたくはない


君だけが僕を最高に輝かせてくれる

ほかの誰にもできないこと

だから僕は君のそばにいるよ

君を愛してる


毎日 僕は君のそばにいる

僕は知っている

ここが僕の場所だと この感覚は確かなものだと

毎日 毎晩 僕は君に近づいていく 

君は気付いているよね

二人のこと

君と僕でなきゃいけなかったって


他の誰でもなく君だけが

僕を最高に輝かせる

他の誰にもできないこと


僕は君のそばにいる



君を愛している


From the moment I met you I just knew you'd be mine
You touched my hand
And I knew that this was gonna be our time
I don't ever wanna lose this feeling
I don't wanna spend a moment apart

'Cos you bring out the best in me, like no-one else can do
That's why I'm by your side, and that's why I love you
Every day that I'm here with you
I know that it feels right
And I've just got to be near you every day and every night
And you know that we belong together
It just had to be you and me

And you know that we belong together, It just had to be you and me
'Cos you bring out the best in me, like no-one else can do
That's why I'm by your side
'Cos you bring out the best in me, like no-one else can do
That's why I'm by your side, and that's why I love you
'Cos you bring out the best in me, like no-one else can do
That's why I'm by your side, and that's why I love you



共通テーマ:blog

人を変えるもの。 [音の葉 きろく]

「自分を好きになれってくらいに 人に優しい君へ
自分のために使う心 残ってるの?

君は愛したね 人を愛したね 心が枯れそうになるまで

愛してるという声が 泣いているように聞こえた
心が いつか 人を救うのを
君はいつでも知っていたの 」

RADWIMPS 「かなし(愛し)」


4200276458_489251841b.jpg


・・年末だというのに、胃腸風邪にやられて一週間・・治ったと思ったら
こいつはめずらしくひつこいですよ~。ヽ(;▽;)ノえ~ん

気持ち悪すぎて思うように動けなかったので、ちょっと音信不通気味に
なっていました。・・お返事するといっておきながら、ぜんぜんお返事できなかった・・
本当にごめんなさい・・m(;ω;`m)三(m´;ω;)m

今朝あたりから、ちょっと吐き気が治まりました。
元気があれば何でも出来る。・・猪木の名言身に染みるorz
・・みんな、気をつけてね。


ところで、こういう肉体的な苦しみはもちろん辛いけれど・・、精神的な苦痛も、ほんとに辛い。

今、私の周りには、それぞれの事情でとても苦しい状況にあるお友達が何人かいます。
ある人は、自分の人生でこんなに辛いことは無かった、と生まれて初めての(?たぶん)弱音を吐いていました。

それは、本気で人を愛したことで、突然訪れた苦しみでした。
そんなことで・・ともし笑う人がいるなら、それは本当に人を愛したことがないだけだと
私は思います。

― 神様は、愛を通してこの上ない喜びと苦しみを同時に運んでくる。
人間の感情をこれほど揺さぶるものが、他にあるだろうか?
そしてこれ以上に、人を成長させ、豊かにするものが、あるだろうか?

自分を冷たい人間と思って40年以上生きてきた彼もまた、人を愛することで初めて
自分の内に在る弱さと優しさを、生まれて初めて知ったそうです。


・・さて、布団に包まりながら、そんな大切な人たちに何が送れるだろうと思っていると
頭の中でなぜか繰り返しある曲が流れてきました。

「かなし(愛し)」。

前のブログで紹介したことがあったのですが、久しぶりに聴くと、
この曲を届けたいなあと思う方が、ぽつんぽつんと心に浮かぶので、また載せておこうと思います。

愛は、いろんな感情をいっぺんにつれてくる。
喜びも 哀しみも 怒りも 嫉妬も 安らぎも 

そして、すべてをひっくり返す。露にする。
真実も 嘘も ごまかしも 

大地震が起こるように。

だからこそ その後 奇跡が起こる。


恐れと拘りを投げ打って
「愛」と呼ばれるなにかに 身を任せるなら、
想像も出来ない未知の境地へと、あなたを運んでくれるだろう




「言葉はいつも その人を 映したがってた
神様はなぜ
こんな近くに言葉を作ったの?

心はいつも 言葉に隠れ黙ってた
神様はなぜ
こんな深くに心を作ったの?

みんなそう
自分の ためだけに いつも誰かがいる
じゃあ 
その誰かのためには なんで僕はいないの?」

↑ちなみにこの部分の歌詞、サクと出逢う前、
ひとりぼっちだった頃の私がよく思ってたことだなあ・・





共通テーマ:blog

さいごの光。 [音の葉 きろく]

嬉しいこと 悲しいことはいつも半分こずつなの
だからそう 最期はゼロになれるの

光って消えるただそれだけと知りながら
光る僕はきれいでしょう?

(「螢」RADWIMPS)


udHBip.jpg


このアーティストを、大好きな少年がきっかけで聴くようになってから、
その中でも私が一番よく歌う歌。「螢」。
この曲の一語一句、自分の呟いていた言葉と重なってドキリとした。

「明日死んでも後悔のない生き方を、今日、したい。」
というのは、サクと生き始めてからいつの間にか身についた、毎日の私の心の持ち方。

他には、なんの思想も信条も特に持たないけれど、
これだけはいつも心から離れない。

だから、大好きな人には、恥ずかしげもなく、惜しげもなく、「大好き」という。
「あなたに会えてよかった」と、言葉で、表情で、態度で示す。

それは、誰のためでもない。
なにもあげられるものも無い、無知で空っぽの私が、今日もらった命に報いるのは、
せめて自分の気持ちに率直でいることだと思っているから。

過去も、未来も、私を包み守ってくれていた、目に見えるものすべて失っても、
今ここに在るただひとつの愛だけで、人は喜び溢れて生きられるということを、
せめて、ここで叫んでいたい と思うんだ。




虹の始まる場所を探したんだよ
余った光をもらいに行ったよ

光ってないとね 誰も僕を見ないんだよ
分かったフリでもいいから


だからね 痛む胸に光る種を乗せて
幸せだねって言えるまで 光ってたいの

奪って逃げる ただそれだけの命なら



共通テーマ:blog

「きせき」。。。「なんちって」ね [音の葉 きろく]

大好きな歌。
(後半の英詞は、single ver.より)

死んだ後の世界ってのを 僕は本当に信じたいよ
だって今日まで 幸せを知ることなく死んだあの人
いつかどこかで会えるの?天国で報われるの?
僕らはどこへいくの?どこにいけばいいの?

笑うことなく 喜び合うことなく消えた 同士(とも)と再び出会う
天国ってとこでめぐり合う その時 胸張ってこう話す

「嬉しかった 美しかった『幸せ』ってやつが溢れていた
いつかまたいってみよう『愛』ってやつを教えよう」

祈跡 「きせき」 RADWIMPS




君をきっと覚えている 僕はきっと覚えている
鳥も、森も、星も、月も、あの子も、優しい地球は覚えている

Life is yours because your imagination is all there for you

人生は君のもの だって、君の想いはみんな君のためにあるでしょう?

My love is for you because my inspiration is all here for me

僕は、君を愛しているよ。
だって、僕の直感がそういっているもん

Look upon the brightest stars
You never know you have your own In your body

一番輝いている星を見て
君は君の体が君の物だって知らないんだろうね

That's the reason you ask yourself why??

君が君自身に質問するのはなぜ??

What's the message that's written in the sky?
Would you tell me why?

空でどんなメッセージが書かれているの?

なぜか僕に教えて?




・・・そして、同じアーティストの、同じくらい好きな歌。
この二極(曲?)のギャップは・・・・まるでサクと私の日常のやりとりみたいなんだもん!^^;



「でもね 俺にはまだなんかあんだ かめはめ派打ちて~
とか言っちゃって 探す今日 俺だけの俺 お前だけのお前 探す明日

『いや別にね…嫌いなわけじゃないんだよ…君の歌 だけどさ…
もうちょっと穏やかな言い方っていうか…なんていうかさ…』

とかなんとか言われちゃったりなんかして ~ うっせ~ 
・・・・なんちってね」
(「なんちって」 RADWIMPS)



共通テーマ:blog

Dancing Birds [音の葉 きろく]



共通テーマ:blog
前の10件 | - 音の葉 きろく ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。