So-net無料ブログ作成
音の葉 きろく ブログトップ
前の10件 | 次の10件

HERO [音の葉 きろく]

You don’t have to be afraid of what you are.
本当の自分の姿に恐れないで
There’s an answer if you reach into your soul,
自分の魂に耳をすませば そこに答えがあるでしょう

You'll finally see the truth
いつか貴方は真実に気づくでしょう
That a hero lies in you.
あなたの中にヒーローが眠っていることに

(「HERO」 マライア・キャリー)


4ZnfeI.jpg


月の満ち欠けは、人の意識にとっても影響を与えるような気がします。

昨日は新月。
新月のエネルギーは、新しいことを始めたり、お願い事をするのにとてもいいみたいです。

今月も、周囲ではいろんな変化がありそうだな。

私の大好きなご近所さんも、家を購入して(!)ちょうど一昨日引越しをしたので、
早速おかず差し入れがてら、新居に自転車で遊びに行っていました。

いつもマイペースなのは、私とサクくらいだな。

・・・今、私の一番注目の遊び相手は、一歳になったばかりのなっちゃん。
長時間抱っこしすぎて、両腕がはげしい筋肉痛になっちゃった。・・・まだまだ非力だ。私。
ママって、子育てって、すごいな・・。子供を立派に育ててる、ただそれだけで、ほんとに尊敬します。

CA3F02590002.jpgCA3F02310002.jpg
(私とサクの子じゃないよ。くれぐれも、JNさん 笑)

この曲は、毎日頑張ってる人へ。素敵なメッセージ・ソングだよ。



貴方の心を探れば そこにヒーローは居る
本当の自分の姿に恐れないで

自分の魂に耳をすませば そこに答えがあるでしょう
そのとき貴方の抱えていた悲しみは
消えてゆくでしょう

そして ヒーローはやってくる
どんなときもくじけず進む強さを携えて
そして 貴方は恐れを捨てて 生きていく
自分の強さを知るでしょう

絶望のとき
内なる自分をみつめて 強く在りなさい
いつか 貴方は真実に気づくでしょう
貴方の中にこそ ヒーローが居ることに

それは長い道のりでしょう
貴方が一人世界に立ち向かうとき
手を差し伸べて 包んでくれる者が見えなくとも
貴方が自分を知れば
そこに愛を見るでしょう
そのとき 貴方の感じた虚しさは
消えて無くなるでしょう

そして ヒーローはやってくる
どんなときもくじけず進む強さを携えて
そして 貴方は恐れを捨てて 生きていく
自分の強さを知るでしょう

絶望のとき
内なる自分をみつめて強く在りなさい
いつか 貴方は真実に気づくでしょう
貴方の中にこそ ヒーローが居ることに

神は知っている
夢を追い続けるのは 難しいけれど
他の何かに その夢を
引き裂かれ 失ってはいけない

進みなさい
夜明けは近い
まもなく貴方には
自分の道が見えるでしょう






共通テーマ:blog

影踏み。 [音の葉 きろく]

いないときも頑張れたことが
今になって自信になって

気づいてみたら
たくさんの人に囲まれてた

君が僕を信じてる

(「影踏み」一青窈)


4404702216_100c5118e2.jpg


特にこれという特技も取り柄もない私ですが、
3度の飯より心躍る、大好きなことがひとつあります。

それは歌を歌うこと。

サクと会ってなかったら、今でも歌ばかり歌ってただろうな。
というくらい、毎日歌ってました。

実家(迷惑)で、カラオケで、
車で(父運転)、自転車で(大迷惑 これは今も・・)

上手いとか下手とか、そんなことはどうでもいい
とにかく、胸をひらいて思い切り歌うのが気持ちよくて、楽しくて、たまらない。

サクに会った頃は、声帯を鍛えたくて(というよりほんとは歌う場所がとにかく欲しくて)
仕事の合間、歌の教室を掛け持ちして通っていたな。

そういえば
あのバイタリティは何処からきたのか・・と思うほど、
取り付かれたように、好きでもないのにジムに通ったり、泳いだり(今でも謎)、
とにかくあちこち走り回ってました。

抑え込んだ情熱をどこかに昇華しないと、苦しかったんだろうな。

さてさて

その当時、一番よく唄ったのが一青窈さんの歌。
独特の言葉の感性も好きで、心を込めやすくて、いつも口ずさんでしまう。

だからこそ、悲喜こもごも、この方の歌にはたくさんの思い出があります。

なかでも、発表会の課題曲にして、繰り返し繰り返し歌った歌。「影踏み」


この曲は、いつも家族を想いながら、歌っていました。


感情が入りすぎて困ってしまうから、今ではあまり歌わなくなったけれど。


今改めて聞いてみると、この歌詞の通りになってたな。

本当に天の川で約束することになるとは。 面白いな。




いつの間にか大きくなっても


僕よりうんと 幸せがいい


いつから ずっと 強くて 弱いの


君は 知ってて


同じ空 みてくれてたの




縄跳び 放りだして



見つけた背中に お帰りなさい







共通テーマ:blog

今日も君に恋をした [音の葉 きろく]

変わっていける運命が
ふたりの愛 みつめている 
築いていく 暮らしの中で

そして 新しい今日も
ぼくは恋した

(「今日も君に恋をした」Chikuzen.S)


70374255_9a0e4aea2e.jpg


あなたが好きなものは 私が好きじゃないもの
私が好きなものは あなたが好きじゃないもの

食べ物も 趣味も ファッションも 
映画も テレビのチャンネルも

私たちは 何もかも見事なくらいに関心や趣向のベクトルが合わない

暗闇を求めて  月の刻を  生きるあなたと
日の光を求めて 太陽の刻を 生きる私

寒いのが好き
暑いのが好き

細やかなものが好き
シンプルなものが好き

生活スタイルだって てんで噛み合わない
物事の考え方だって ちっとも違う

まるで別々の星からやってきたみたいだ

だけど 
そんなこと どうでもいいさってカラカラと笑い飛ばしては
あなたといて 日々豊かになっていけるのはね
生きて行くうえで 
一番 大切にしたいなにかが同じだから

あらゆることが重ならないのは
その「なにか」を いつも見つめていられるから
どんなときも そこに立ち返られるからだろう

唯一重なった一点だけが どこまでも色濃く深くなって 
ふたりの間に映し出される

他のどんな小さな基準も ひとつひとつ笑って手放して
最後は 一番大切なものだけ 残るように温めていこう

それは 言葉にもできない 目にも見えないなにか

私は信じる

この身体朽ちても 続いていく なにか




気づかれぬように そっと泣いて
乗り越える日々を重ねていた 君だから
自分ばかりを許していた ぼくの愚かさは
雪のように融けたんだ

眠れない夜はずっと 大切な人を想う
色褪せない 君と育てる未来は

愛しているって 愛しているって
そう… 上手く言えないけど
愛しているって 愛しているって
でも 胸を揺さぶるのは


ありふれた暮らしの中で
そして おとずれた今日も
君に恋した




共通テーマ:blog

安息の地 [音の葉 きろく]

忘れない匂いがある 記憶の底にまかれた種が
今 まさに 長い時を経て 花開こうとしている

祈りたい事がある 一つだけ

誰に? どこに? 神樣 ねぇ いるの?
私の太陽は明日も昇りますか?

(私の太陽 KOKIA)


2740899260_a7287e9ec4.jpg


小さな頃から、私には誰にも見つけられない安息の場所があった

親友も 家族すら知らない 秘密の園


それは わたしのこころ。


いつからかだったか 
自分の深い深い部分に在る 大いなるやすらぎを見出したのは

ひとりのとき 
私は私を取り戻すために そこに還ることを覚えた


何をしていても どんなときも
私には 退屈などなかった
どんなにひとりぼっちになっても
本当の孤独はなかった


嬉しいときも 悲しいときも
言葉無き言葉で そのなにか と対話をしていた


そんな
無言の対話のなかで
はっきりと言葉にして送っていたメッセージが ひとつだけ ある


何年も何十年も 
気がつけば 心の中で
姿無き誰かに向かって いつも つぶやいていた五文字の言葉



「あいしてる」



やっと わかった

あなただったんだね






「あなたは太陽のように 厳しく私に言った
強く生きなさい 強く生きなさい


目を閉じて思い出す  眩しいあなたは私の太陽
愛をありがとう 愛をありがとう

祈りたい事がある 一つだけ

叶わない願いだと 知りながら
残された痛みさえ 愛おしい

夜明けの音は 生きようと 確かに 目覚めの時を 待ってたはず

この目に映らなくなっても

そこに気配 感じる


あなた  永遠になったの 」



24296802_9393055.jpg

共通テーマ:blog

いつか誰かを・・・ [音の葉 きろく]

1人より2人がいい 
少し力を抜いて 居られるからかな
どちらかが疲れたら 代わってあげられるから
 
あなたの幸せは  私の幸せ


人の数だけ歌がある
世界中の誰の上にも 幸せ 下りますように

(いつか誰かを愛したとき KOKIA)


145539816_592b7acaab.jpg


愛する人たちへ


たとえ この世のすべてが幻だったとしても

あなたがくれた この想いだけは 真実だから

どんなときも  溢れる心を  捧げさせてください

どんなときも  ほとばしる言葉を  綴らせてください

それが 何の取り柄も力もない私が あなたに返せる すべてです

ただ それだけ 今の私を 生かしてくれるもの


神様 人に 言葉を 歌を 与えてくれて ありがとう

*********************************************** 

この曲をどうぞ。。。。胸が震える歌ですよ^^ 

「いつか誰かを愛したとき」 KOKIA 



誰かが誰かを想っていったら この気持ちは 
世界1周まわって 私に返って来るでしょう


どんな人にも親が居て いつか 親になるの 
その時 きっと分かるはず 守るべき命の尊さ
かけがえのないもの 家族という絆 


いつか誰かを愛した時 愛されていた事に 気付く事でしょう





私の大好きなひとたちに 「ありがとう」 が 届きますように。



共通テーマ:blog

魔力 [音の葉 きろく]

それが普通の人間だと 笑えば良かっただろうに

でも出逢いは舞い降りた

今のままじゃ もういられない

(魔力 sing like talking)


1291-2008-hokkaido-10.jpg


日月記録31にも載せた「One day」もそうですが、
高校生の頃からこのグループが大好きでした。

無我夢中で好きになってしまうアーティストって、
歌のひとつひとつが、ちょうどその時期の自分の意識や心の状態と見事に
共鳴していたりするから不思議です。

あまりのシンクロニシティに、まるで「自分のこと?」
なんて、歌詞を聴いてどっきりしてしまう経験、きっと多くの人があるはず。

でも、それはあながち単なる錯覚ではなく、ちゃんと必要があって訪れた、
あなたに繋がっている縁のひとつなのではないかな。

届ける人と、受け取る人。
それは、一方通行なようで、そうではない。
見えないところで、歌を通して、交わされている心と心があると。

だから、心から感動できるなら、それがどんな曲だろうと、遠いアーティストの歌声だろうと、
それは、魂同志が合意の上、あなたのもとに遣わした、メッセージの宅配便みたいなものじゃないかな。

・・うまく言葉にするのは難しいな。^^

とにかく、
私は、歌や音楽に何度生きる力をもらったか知りません。






きみを抱きたいし きみに届いていたい

叶える為に 変わるべきなら 愛が魔力に

一度の瞬きも 二人のひと時も 
外さない 記憶の芯から 願う自分になった


例えば運命だなんて 台詞で拘り
意識して好きになったのも 遠避けていた

即ぐに 暗示が解けるように 築いた砦は消えて

ただ自然に動いている いまのままを 受け流せない

夢も話したいし 今日よりも想って欲しい

出来ることを残したなら 悔いは無限大に

この身は灰になり 心は過去になる

だからこそ記憶の芯まで きみが沁みていくんだ


出逢いが合図した 現在のままじゃ  もういたくない

君を抱きたいし 君に届いていたい

叶える為に変わるべきなら 愛が魔力に

この身は灰になり 心は過去になる

崩れない記憶の芯まで

きみが沁みていくんだ





共通テーマ:blog

南天の海原 [音の葉 きろく]

ちょうど今、二人で聴いてます。
いいなあ、これ。。。

山、海、神、・・その霊魂。
火、水、土、風 ・・・森羅万象。

天・地・人。

心を惹きつけるすべての要素が入ってる姫神。
聴くだけで、意識が変わる気がするのは、私たちだけでしょうか?

きっとずっと、サクと私のオンリーワンだな。




共通テーマ:blog

たしかなこと。 [音の葉 きろく]

「時を越えて君を愛せるか ほんとうに君を守れるか

空を見て考えてた 君のために 今何ができるか 」

「たしかなこと」 小田和正


4020702654_81cefabc9a.jpg

それは、まだ出逢って一ヶ月足らず・・
互いの綴る文字だけで、縁をつないでいた時期のこと。

サクの変わらぬ誠意に、日々心を揺り動かされ、
自分の気持ちが確信に変わり始めたときに、
初めて私が返したサクへの心、
それがこの曲を届けることでした。

そのときには
それが恋愛なのか、友情なのか、まだ、わからなかった。
否、どんな枠にも収まらない、生まれて初めて覚えた不可解な感情だった。
ただ、わかるのは、ひとりの人間として、彼を心から愛しいと思えたこと。
それで今は十分だ、と感じたとき、
この歌を聴き、訳もなく涙が溢れた。

ベールに被っていた、自分の本心を露にされたみたいで。

それは意識よりもっと深い部分で
なにもかも見通している、魂からのシグナルだった。

「忘れないで どんな時も きっとそばにいるから
そのために僕らは この場所で
同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ」




いちばん大切なことは 特別なことではなく
ありふれた日々の中で 君を
今の気持ちのままで 見つめていること



君にまだ 言葉にして 伝えてないことがあるんだ

「それは ずっと出会った日から 君を愛している」 ということ



君は空を見てるか 風の音を聞いてるか
もう二度とここへは戻れない
でもそれを哀しいと 決して思わないで


どんな時も きっとそばにいるから



どんな時も きっとそばにいるから



共通テーマ:blog

赤道伝説 [音の葉 きろく]

私とサクは、今でも生活スタイルが間逆です。

仕事柄、サクは真夜中に起床、出勤。
私は、サクを送り出して就寝。

朝、私が目覚める頃、サクは帰宅→昼にまた出勤。
夕方、私が家庭教師に出向く頃、サク帰宅。

まるで、バトンリレーみたいな日常です。

そんな真夜中の、サクの携帯の目覚まし曲はコレ。




共通テーマ:blog

音に宿るもの [音の葉 きろく]

別々の人生を歩んでいた頃
それは、音に「神性」を探した時代でもある。

それぞれが求めた世界。

私は じんわり心癒されるクリア・サウンドに「神性」を。
サクは アングラな激しいダーク・トランスに「神性」を。

- 天上の瞑想、地下の恍惚。
ふたつの音が繋がったとき、知った。

光と闇 どちらの世界にも、神の悟性は宿っていた。



。。。。今、聞き比べてみると、どっちも好きだな。
よければ、どうぞ。

Music ① 私が愛したトリップ世界
・・私はこれで、朝な朝な座禅組んでました。

Music ② サクが愛したトリップ世界
・・彼はこれで、夜な夜な激しく踊り明かしてました。

できればどちらもヘッドホン大音量で。目を閉じて聴けば、
どっちからでもトリップ&メディテーションができる・・・かもしれない。


① The Music Hina Loved 「the Calling」




② The Music Saku Loved  「Dark psychedelic trance」



3:50あたりからのピアノにしびれます。


共通テーマ:blog
前の10件 | 次の10件 音の葉 きろく ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。