So-net無料ブログ作成

その脆さの先に。 [火の詞~ひなの言の葉]

41fe0a59-s.jpg

多くを持つ者ほど
恐れるものが多い

失うことが怖いから

失うものが何もないとき 
人は
最も強くなれる

人を愛することは
弱さを選ぶことなのかもしれない

誰かを守りたいと 切に願うことは
臆病な生き方なのかもしれない

わたし

あなたと出会う前まで
怖いものなんかなかった

そう 

あなたも 
同じだったね


真理と 叡智を 得る場所が
この世のどこにも ないのなら
たとえ 明日がなくなっても
構わないと思っていた

だから いつも 心は 平穏でいられた

ただ 何もかも どうでもよかったからだ

けれど 
その穏やかさは どこか 虚しく 冷たく 
どこか 生への放棄の色があった

ねえ

あなたを 愛し始めてから
わたしは
強くなったのだろうか?
弱くなったのだろうか?

きっと 強さも 弱さも 同時に得たのだろう

ようやく得た胸のぬくもりは
孤独に乾き 冷え切っていた 私の瞳をも 
はかなくも潤すようになった

それは
誰かを愛し 愛される感動を 知ってしまった人間の脆さ

「ひとりじゃない」
と知ったあのとき 
私は 少しだけ 弱くなることを自分に赦した

あなたと できるだけ長く
共に生きたいと思うようになったから

毎日に 真剣に向き合うほどに
ときに
明日を失うことが とても怖く
できれば このまま 変わらぬ日々を送りたいとさえ願うの

愛は
人を 強くも 脆くもさせる諸刃の剣だね

だから 
私は その脆さの先を知りたい

あなたと この子と 共に その先を知りたい

生と死の その先にある 悠久のときを知りたい

失うものなど 本当は なにもないこと
所有できるものなど 本当は なにもないこと
安息の地を 心深く 識ることができるなら

私は 愛しながらも なお 
強く在れることができるだろうから

時折 思う

生きることの宿題とは
ひとつひとつ 赦せるものを増やしていくことなのかもしれない

誰もが 自分の持つ基準ゆえでしか生きられない
悪意であれ 善意であれ

人の過ちは 無理解と無知ゆえに 起こるものならば

社会を 世界を 自分を
悪を 欲を 弱さを 罪を

私たちを苦しめる あらゆる病を 厄を 死を 

そして それを憎む心すらも 

あらゆるものの不完全さを

天が
それらを存在させていることの意味さえも
穏やかに 赦せる日が来るほどに
私の内に この子の内に
平穏を 育てることができるなら

きっと 何とも 誰とも 闘わなくてすむのだろうな

そんな風に 生きれるなら

これ以上 望むものは なにもない な

9e8fc6a3-s.jpg

共通テーマ:blog

Memento mori Ⅱ [我が神に花一輪捧ぐ。]

2ac1616b-s.jpg

私とあなた

気がつけば いつのまにか この関東に来ていた

わたしは あなたを知らなければ
今もきっと 大阪に居ただろう

あなたは 私を知らなければ
今もきっと 福島に居ただろう

3月11日という日を
全く別の場所で向かえ
全く別の運命を辿っていただろう

私は テレビの中で
この震災の出来事を 他人事のように眺めていたかもしれない

あなたは あらゆる惨事の只中で
この震災の出来事を 痛みと共に 噛み締めながら朝を迎えていたかもしれない

私の人生は 今よりもずっと平穏だったかもしれない

けれど
あなたを知らぬ あのころの私は 「生きて」などなかった

まだ「生」を知らなかった

愛を知らなかったから

生きることに興味などなかった
いつ消えてもいいとさえ思っていた

あなたも同じように
生きることに退屈していた
むしろ死後の世界に 焦がれていた

私は あなたと出会い
あなたは 私と出会い
愛を知った

人生に明かりが灯り
初めて 心から 「生きる」ことを知った

あなたを知り、愛を知ったとき、ようやく
「もっと生きたい」と思った

出会ったその瞬間から

穏やかな生活は去った
家族も失った
安定も失った

生きるための痛みも知った

波乱ばかりの毎日が訪れた

たくさん 泣いたし 知らなかった悲しみも知った

けれど
この道を選んだことに 髪一筋の後悔もしたことはない

私は 今をたしかに「生きて」いるから

生きる意味を知ったから

無気力に生きていたあのころ
私は死ぬことが怖くなどなかった

けれど それは単なる怠惰であり、傲慢だった

本当に「生きて」ない者が
本当に安らかに「死」を迎えることなどできない

魂が震えるほど 叫んで もがいて 
人を愛し抜いてはじめて
魂は自分の「生」を卒業できるのだと思う

おそらく 満足した「死」とは
生の「諦め」などではなく「充足」であると

だから 私は まだまだ 生きることを選ぶだろう
なぜなら
まだ 私は人を愛せるから
もっと 深く 広く 愛せるから

いつか満ち足りるほどに 自分の愛に満足できたなら

あなたと共に ここを卒業しよう

それまでは

どうか 共に いつまでも

この道を 歩く

あなたと 今 
この関東の地で
痛みを分かち合えることに 感謝します



9b8da3b9.jpg

共通テーマ:blog

Memento mori [我が神に花一輪捧ぐ。]

CA3F0835.jpg

先日、友がつぶやいた言葉。

「大切なものを守ろうとして、懸命に戦っているつもりでいると、
いつのまにか、別の大切な部分が失われている。」
(天童 荒太 「包帯クラブ」より)

胸がどくんとした。

まるで、自分に云われているような言葉だった。

不安と恐怖というやつは、思ったより厄介だ。

ときに、私の視野を狭め、目の前を曇らせる。

なにかに必死でしがみ付こうとしたとたん、
なにかを失う。

不安 恐れ

それは、私の深い部分が本当に求めているものから
目を逸らす、大きな影

その影が
私の上に落ちるたび

私自身の内側と繋がる注意をそらされ、
本質をときに見失いかける

私は 目の前の「失いたくないもの」を
無我夢中で「守ろう」とする

あるがままの流れに委ねきれたら 
安らかに天命を受け入れたら
どんなに楽だろうと焦がれながら
 
そして
それが今の私の弱さであり 限界であったことを思い知る

影こそ
今の私そのものを
そして
みるべき自分の壁を
教えてくれる 
大いなる師

このひとつきの不安と恐怖は
私に 偉大なる教えをくれた

私がまだしがみ付こうとしているもの
信じきれずにいるものを

その闇は
見事に明るみに出したのだ


いつか

人に優しくできるのは、エネルギーがある人だ、

と誰かが言った

そう

余裕があるとき
人は 簡単に人を思いやれる

真実に満ちている者は いつも穏やかだ

どんな困難なときでも
酷い状況でも
不安と恐怖に打ち勝つ 魂のエネルギーに溢れている

死さえも 穏やかに受け入れるだろう

ああ

私はまだ 真実に飢えている者
生に しがみつこうとする者

守りたいものがある

まだ

失いたくないものがある

これが 今の私だ

不安よ
恐怖よ

私に私自身を知らせる影よ


ありがとう


私は ここに居て この時代を この瞬間を生きて

本当によかったと思う


この弱さを知るとき

私たちは また その限界の先へ 進むことができるだろう


「Memento mori」

"死を忘れるな"







負けないように 枯れないように 笑って咲く花になろう

ふと自分に 迷うときは 風を集めて 空に放つよ 今


「心の中に 永遠なる花を 咲かそう」



1504-tyuurippu.jpg

共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。